【常時ポイント4倍】楽天ゴールドカードの損益分岐点は?

ライフ・節約
スポンサーリンク
楽天ゴールドカードはいくら以上使うとお得?
悩んでいる女性
悩んでいる女性

楽天ゴールドカードがお得になるパターンを知りたい。

そんな疑問にお答えします。

楽天ゴールドカードカードは楽天カードの上位カードです。

公式サイトでは楽天カードよりお得であると書かれていますが、本当にそうなのでしょうか。

いくら以上使った場合お得になるんでしょうか。そんな疑問について考えていきます。

この記事の内容

✔楽天ゴールドカードの概要

✔何円以上使うとお得になるか

✔どんな人におすすめか

今回は楽天ゴールドカードの損益分岐点について解説します。

スポンサーリンク

楽天ゴールドカードとは

楽天ゴールドカードは、楽天が発行している唯一のゴールドカードです。

楽天ゴールドカードの上位互換のカードとして楽天プレミアムカードがありますが、”ゴールドカード”と銘打っているものは、この楽天ゴールドカードのみです。

楽天カードの種類

楽天ゴールドカード概要

楽天ゴールドカードは、楽天カードの基本機能の他に5つの付加機能がある、年会費2,200円(税込み)クレジットカードです。

楽天ゴールドカードの概要
  1. 国内空港ラウンジが年間2回無料
  2. 楽天市場でポイント最大5倍
  3. ETCカードの年会費無料
  4. 楽天ゴールドカードご利用可能額は最高200万円
  5. トラベルデスクが無料で利用可能

国内ラウンジが年間2回無料

楽天ゴールドカードのオーナーは、国内空港ラウンジ・一部の海外空港ラウンジが
年間2回まで無料で利用可能
になります。

利用可能な空港
  • 国内主要空港
  • ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港
  • 韓国/仁川国際空港

※毎年9月1日から翌年8月31日を1年間とし、この期間中に2回まで無料で利用可能

国内外合わせて47か所のラウンジが無料で利用可能になります。

ラウンジのサービス内容は、空港ラウンジによって異なりますが、主に以下のようなサービスが利用可能になります。

✔無線LANの利用
✔パソコン貸出やコイン式パソコンの利用(有料)
✔ドリンクサービス(無料または有料)
✔シャワー(有料)
✔新聞、雑誌の閲覧(無料)
✔マッサージ機(無料または有料)
✔コピー・FAX(有料)

楽天市場でポイント最大5倍

楽天ゴールドカードを使うと楽天市場での買い物でもっとお得にポイントが貯まります。これは、SPU(スーパーポイントアッププログラム)というポイントサービスによるものです。

<SPUサービス一覧>

楽天ゴールドカードはSPU対象サービスなので、楽天カードの+2倍と楽天ゴールドカードの+2倍によって、合計ポイント5倍(通常の+1倍含む)ということになります。

常にポイント5倍になるのは嬉しいですよね。

ETCカードの年会費無料

楽天ゴールドカードはETCの年会費が無料です。

楽天ETCカードは通常年会費が550円かかりますが、この分が無料になります。最近では完全無料のETCも増えてきているので、そんなに大きなメリットではないです。

でも楽天カードに決済を集約してETCを利用したいという方には最適です。

楽天ゴールドカードご利用可能額は最高200万円

通常の楽天カードでは利用可能枠が最大100万円ですが、ゴールドカードの場合、倍の200万円になります。高額決済しない場合は不要なオプションです。

トラベルデスクが無料で利用可能

楽天ゴールドカードのオーナーは世界38か所にあるトラベルデスクを無料で利用可能になります。

<トラベルデスクのサービス>
✔旅行先での緊急時対応
✔現地情報の紹介
✔各種予約

楽天カードとの違い

楽天ゴールドカードの特徴を踏まえて、楽天カードと比較してみると以下のようになります。

カード名年会費特徴詳細
楽天カード無料✔年会費 永年無料
✔ご利用可能額 最高100万円
✔ポイント還元率 1%還元
✔SPUポイント倍率 楽天カードご利用でポイント+2倍
詳細はこちら>>
楽天ゴールドカード2200円(税込)✔国内空港ラウンジが年間2回無料
✔楽天市場でお得。ポイント最大5倍
✔ ETCカードの年会費無料
✔楽天ゴールドカードご利用可能額は最高200万円
詳細はこちら>>

楽天ゴールドカードの損益分岐点

楽天ゴールドカードは様々な特典がありますが、1番気になるのは楽天スーパーポイント関連のところですよね。楽天ゴールドカードの損益分岐点、即ち、いくら使えばお得になるのか解説します。

楽天ゴールドカードは+4倍

楽天ゴールドカードのポイント還元は通常の楽天カードの+2倍です。楽天カードそのものが+2倍なので、合計+4倍となります。

あくまで楽天市場の買い物においてですが、ポイントが100円につき4ポイント還元される計算になります。

いつでも4%還元になるのはかなり大きいですよね。1万円の使用で400円分ポイント還元されます。

還元されたポイントは期間限定ポイントですが、ネットはもちろん、街中での買い物、サブスクリプションサービスにも利用可能です。

何円以上使うとお得?

楽天ゴールドカードは年会費が掛かります。なので年会費分以上のポイントを稼げるかどうかが鍵となってきます。

公式ページにも獲得ポイントの比較がありますが、いくら以上使うとお得になるかははっきり書いていません

なので、計算していきます。

楽天ゴールドカードを使うとSPUにより、楽天カードより+2倍ポイントが貯まります。

つまり、ポイント還元率が2%増える、ということですね。

年間費が2,200円なので、

2,200÷2%(0.02)=110,000

という計算になり、なんと年間11万円楽天市場で買い物しないと元が取れない、ということになります。

あんまりお得な気はしないですよね。

楽天ゴールドカードはどんな人向け?

楽天ゴールドカードは結局ポイントではなかなか元が取れないカードということがわかりました、では、どんな人に楽天ゴールドカードは向いているのでしょうか。

楽天ゴールドカードはこんな人にオススメ

✔年2回国内線を使って旅行する方
✔年11万円以上楽天市場で買い物する方
✔海外サポートデスクを使いたい方

ざっくりと上記の通りです。ゴールドカードなので、飛行機の利用者にはお勧めできるカードになります。ただ、ヘビーユーザーの方であれば、楽天ゴールドカードの上位互換である、楽天プレミアムカードがおススメです。

楽天カード発行後にすべきこと

楽天カードの発行が完了したらすべきことを紹介しておきます。

ただでさえ還元率の高い楽天カードですが、うまく利用すればもっとたくさんのポイントを貯めることができます。発行後にすべきこと

✔楽天SPUの対象サービスをチェックする
✔楽天市場のセール情報をチェックする

楽天SPUの対象サービスをチェックする

楽天カードは、還元率1%と高い還元率を誇りますが、この還元率をもっと上げてくれるのが楽天スーパーポイントアッププログラムです。

SPU対象サービス一覧は以下の通りです。

サービス倍率達成条件
楽天モバイル1対象サービスをご契約
楽天ひかり1対象サービスをご契約
楽天カード2楽天カード(種類問わず)を利用して楽天市場でお買い物
楽天プレミアムカード&楽天ゴールドカード2楽天カード(プレミアム・ゴールド)を利用して楽天市場でお買い物
楽天銀行+楽天カード1楽天銀行の口座から楽天カードご利用分を引き落とし
楽天の保険+楽天カード1「楽天の保険」の保険料を楽天カードでお支払い※1
楽天でんき0.5ご加入&ご利用
楽天証券1月1回500円以上のポイント投資(投資信託)※2
楽天トラベル1対象サービスを月1回5,000円以上ご予約し、対象期間のご利用※3
楽天市場アプリ0.5楽天市場アプリでのお買い物
楽天ブックス0.5月1回1注文1,000円以上お買い物※4
楽天Kobo0.5電子書籍を月1回1注文1,000円以上お買い物※4
楽天Pasha0.5トクダネ対象商品の購入&レシート申請で、合計100ポイント以上の獲得
Rakuten Fashion0.5月1回以上お買い物
楽天TV・NBA Rakuten1NBA Rakutenもしくは楽天TV「Rakuten パ・リーグ Special」ご加入・契約更新
楽天ビューティ1月1回3,000円以上ご利用

※1ポイントアップ対象はお支払い月の翌月の楽天市場のお買い物
※2楽天スーパーポイントコースへの設定・再設定が必要
※3バスのご予約は対象外
※4クーポン割引後の税込金額

楽天市場のセール情報をチェックする

楽天市場では頻繁にセールが開催されています。セール時には商品が安くなるだけでなく、ポイントの倍率が上がることもあるので、セール情報はくまなくチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました