胎児ネームとは?|胎児ネームとそのつけ方を解説

パタニティライフ
スポンサーリンク
悩んでいる夫
悩んでいる夫

妻に、胎児ネーム付けよう!って言われたけど、どう考えたらいいの??

胎児ネームをどうやってつけたらいいか、そんな悩みにお答えします。

パートナーが妊娠して間もないころは、そんなにおなかに赤ちゃんがいるようには感じませんが、3か月くらいになると、少しおなかが出てきて、赤ちゃんを意識するようになります。

そうなってくると、赤ちゃんに話しかけたくなりますよね?

きっとまだ赤ちゃんには聞こえないでしょうけど、親心としては話しかけてあげたくなります。

でも、男か女か性別もわからないし、どう話しかけたらいいか悩みますよね。

そんな時につけると良いのがです。

Blanc
Blanc

僕も同じように悩んだので、
胎児ネームとは何か、どうやって決めたらいいのかを解説します🍀

スポンサーリンク

胎児ネームとは?

胎児ネームとは?

妊娠中にお腹の中にいる赤ちゃんの呼び名のこと

妊娠3か月くらいから、お腹の赤ちゃんは胎児と呼ばれる状態になります。

15週目くらいから性別がわかる可能性もありますが、最初の段階では、性別がわからないので、
胎児のとき限定の名前を付けます。

ベイビーネーム」とも呼ばれ、愛するわが子を呼ぶ時に使うニックネームのようなものです。
生まれてくるまでの短い間しか使わない、特別な名前です。

胎児ネームのつけ方

胎児ネームのつけ方は自由です。

愛情をもって接する名前なら何でもよいでしょう。

とはいえ、どんな風につけたらいいか迷ってしまいますよね。
そこで、いろんな方の胎児ネームのつけ方をまとめてみました。

<胎児ネームのつけ方>
・エコー写真の大きさ・見た目から(ex.ミリちゃん)
・お腹の中での動きからイメージ(ex.ニョロちゃん)
・家族の名前から
・ストレートに赤ちゃん(赤様、赤さん)
・生まれる季節から
・生まれた順番から(ex.一号、二号)
・外国人の名前から(ex.マイケル)

Blanc
Blanc

カップルによっていろんな発想がありますね。
うちは、妊娠が発覚した日をもとにつけました✨

愛情がより深くなるような名前を考えてみましょう。

胎児ネームを付けるメリット・デメリット

胎児ネームを付けるメリット

<胎児ネームのメリット>
1.赤ちゃんへの愛情が深まる。
2.名前を呼ぶことで、親としての自覚ができる。
3.名前を呼ばれることで赤ちゃんの脳が刺激され、成長が促される。
4.親子の絆ができ、ママも赤ちゃんも気持ちが安定して安産率が高まる。
5.妊娠中から夫婦一緒に子育てをする意識が高まる。

胎児ネームを付けるデメリット

<胎児ネームのデメリット>
1.生まれた後名前を付けるときに、胎児ネームのイメージが邪魔をする

Blanc
Blanc

デメリットよりメリットが多いので、胎児ネームは積極的につけましょう🍀

実際につけられている胎児ネームはどんなの?

Twitterから

皆さんそれぞれに自由に考えて決めていますね

胎児ネームとは?|まとめ

✅胎児ネームとは、 妊娠中にお腹の中にいる赤ちゃんの呼び名のこと
✅つけ方は自由。愛着を持てるように
✅つけるデメリットもあるが、メリットが多いのでつけたほうが良い

タイトルとURLをコピーしました