新型コロナウイルス(COVID-19)の予防法は?|WHOによる最新情報まとめ

未分類
スポンサーリンク

※この記事では、2020/3/28時点で判明している新型コロナウイルス(COVID-19)の情報を紹介します。WHO(世界保健機構)の発表に基づいた内容です。現在の最新情報はWHOのページで確認してください

WHO新型コロナウイルス対策ページ

WHO、新型肺炎の世界的流行を認定

スポンサーリンク

新型コロナウイルス(COVID-19)の予防法

基本的には、一般的な風邪と予防法は同じです。

新型コロナウイルス(COVID-19)の予防法
  • 定期的なアルコール除菌・石鹸での洗浄
  • 咳・くしゃみの症状がある人から1メートル以上距離を取る
  • 目・鼻・口に不用意に触れない

一般的な風邪の予防と同様に、新型コロナウイルス(COVID-19)にも、定期的なアルコール除菌・石鹸での洗浄は有効です。

自分と咳やくしゃみをしている人との間に少なくとも1メートルの距離を開けることで、新型コロナウイルス(COVID-19)の飛沫感染を防ぎます。

不用意に目、鼻、口に触れることで、新型コロナウイルス(COVID-19) の体内への侵入リスクが高まります。これは、ウイルスに汚染されたドアノブなどを触れた手で、粘膜に近い部分を触ることで、ウイルスが入り込む可能性が高まるからです。

新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大を防ぐ方法

新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大を防ぐ方法
  • 咳やくしゃみをするとき、手やマスクで口を覆う
  • 発熱、咳、呼吸困難等の症状がある場合、医師の診断を受ける

現時点で、感染の拡大を防ぐ方法はこれだけです。口述しますが、自覚症状がない場合もあるので、マスクで覆うことは、有効な手段です。

新型コロナウイルス(COVID-19)への対策の必要性

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が広がっていない地域にいる場合は感染の可能性は低いです。

日本においては、以前の中国からの渡航者により、感染が広がってきているので、対策を講じる必要があります。ただし、過度に不安にならず、冷静に情報を得て、対策の判断をすべきです。

正確な情報リソース

✓WHOのウェブサイト(英語サイト)

厚生労働省のページ

新型コロナウイルス(COVID-19)とは?

新型コロナウイルス(COVID-19)は、2019年12月31日に中国武漢で最初に報告されました。
発生後、中国・アジアを中心とした世界各国で、患者が確認されています。
2020年1月30日にWHOは緊急宣言を実施しました。2020年2月11日に、WHOは新しいコロナウイルス病の名前COVID-19を発表しました。

そもそもコロナウイルスとは?

コロナウイルスは、動物や人間に病気を引き起こすウイルスの一つです。一部のコロナウイルスが、一般的な風邪から中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などのより重症の疾患に至るまで呼吸器感染症を引き起こすことが知られています。最も最近発見されたコロナウイルスはコロナウイルス病COVID-19を引き起こします。

新型コロナウイルスの患者数は512,701人、死者は23,495人

現時点(2020/3/28)でWHOが発表している新型コロナウイルス(COVID-19)の患者数の状況は、以下の通りです。

中国:82,093人
イタリア:80,539人
アメリカ:68,334人
スペイン:56,188人
ドイツ:42,288人
イラン:32,332人
フランス:28,786人
イギリス:11,662人


日本:1,387人


その他200を超える国と地域
※ここでの国・地域の区分けはWHOのページでご確認ください。

※参考3/3時点の情報
WHOのページより引用

※参考3/3時点
中国:80,303人
韓国:4,312人
イタリア:2,036人
イラン:1,501人
ダイヤモンドプリンセス号:706人
日本:268人
シンガポール:108人
アメリカ:88人
      その他40を超える国と地域。

新型コロナウイルス(COVID-19)の症状

新型コロナウイルス(COVID-19)の症状

新型コロナウイルス(COVID-19)の一般的な症状

✓発熱
✓疲労感
✓空咳

症状自体は一般的な風邪と大きな差はないようです。

新型コロナウイルス(COVID-19)の一部の患者に見られる症状

✓痛みや痛み
✓鼻詰まり
✓鼻水
✓のどの痛み
✓下痢

新型コロナウイルス(COVID-19)の初期症状

  • 症状は通常軽度で、徐々に始まる。
  • 感染したとしても、症状を発症せず、気分が悪くならない場合もある。
  • 感染した人のうち約80%の人は、特別な治療を必要とせずに病気から回復する。

新型コロナウイルス(COVID-19)の重症化

  • 新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した6人に約1人が重病になり、呼吸困難になる。
  • 高齢者、および高血圧、心臓病、糖尿病などの根本的な医学的問題を抱えている人は、重病を発症する可能性が高くなる。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染経路

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染経路

✓患者からの飛沫感染
✓ウイルスが付着したものからの感染

現時点で判明している感染経路は二つであり、空気感染は確認されていません
感染していても、症状が軽度であり、咳などで飛散していない場合は、感染源にはならないということです。

新型コロナウイルス(COVID-19)のQ&A

新型コロナウイルス(COVID-19)に抗生物質は有効?

一般的な風邪と同様、新型コロナウイルス(COVID-19)に抗生物質は有効ではありません。抗生物質が有効なのは、細菌感染症に対してのみです。

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン・治療薬は?

現時点では、新型コロナウイルス(COVID-19)に対するワクチン・治療薬はありません。治療薬については研究が進められており、臨床試験中です。

新型コロナウイルス(COVID-19) 予防にマスクは有効?

咳などの呼吸器症状のない人は、マスクを着用する必要はありません。

WHOが推奨するマスクの正しい使用法

1.マスクは、医療従事者、介護者、および発熱や咳などの呼吸器症状のある人のみが使用する
2.マスクに触れる前に、手をアルコール除菌するか、石鹸で手を洗う
3.マスクを取り、破れや穴がないか確認する
4.どちらの側が上面(金属ストリップがあるか)確認する
5.マスクの適切な面が外側を向いていることを確認する
6.あなたの顔にマスクを置き、鼻の形に合うように、金属ストリップをつまむ
7.マスクの底を引き下げて、口とあごを覆うようにする
8.使用後、マスクを外す。この時、マスクを顔や衣服から遠ざけながら、耳の後ろからゴム紐を取り外して、マスクの内側に触れないようにする
9.使用後すぐにマスクを蓋付きのゴミ箱にすてる。
10.マスクに触れたり、マスクを廃棄した後、手をアルコール除菌するか、石鹸で手を洗う

新型コロナウイルス(COVID-19) の潜伏期間は?

COVID-19の潜伏期間のほとんどの推定値は1〜14日間の範囲であり、一般的には5日間程度です。

新型コロナウイルス(COVID-19) を発症する年齢は?

現時点では発症の可能性は、全年代にあります。ただし、重篤化しやすいのは高齢者です。

タイトルとURLをコピーしました