コロナ禍とは?新型コロナウイルス関連のワードを徹底解説

ライフ・節約
スポンサーリンク
悩んでいる女性
悩んでいる女性

コロナ禍とか、クラスターとか、新型コロナウイルス関連の言葉の意味が知りたい!

そんな要望にお応えします。

新型コロナウイルス感染症が流行し始めてからニュースで聞く専門用語が増えましたよね?

今まさにコロナ禍にあると言えるのですが、いったいコロナ渦とはどういう意味なんでしょうか?

パンデミックやクラスターなど、最近よく聞く用語も併せて解説します。

この記事で解説すること

✅コロナ禍の意味
✅新型コロナウイルス関連の用語

今回は、コロナ禍を中心に新型コロナウイルス関連の用語を解説します。

スポンサーリンク

コロナ禍とは?

コロナ禍とは、”ころなか”と読み、新型コロナウイルス(COVID-19)の流行が招いた危機的状況を表しています。禍は、訓読みで”わざわい”と読み、まさに新型コロナウイルスが禍(わざわい)であることを表します。

禍という字は、水禍・災禍・奇禍・惨禍・戦禍等、悪い状況を表すことが多いです。

コロナ禍はコロナ渦ではない

新型コロナウイルスの流行が今まさに渦中であることから、”コロナ渦”と勘違いされがちですが、決してコロナ渦(うず)ではありません。コロナ禍です。コロナ鍋などと勘違いされている方もいるので注意が必要です。

今はまさに世界的にコロナ禍

日本では”コロナ禍”として報道されていますが、世界的にも連日”coronavirus pandemic”(コロナウイルスパンデミック)として、報道されている状況です。日本における報道でもWHOがパンデミック宣言をしたことで、パンデミックをよく耳にするようになりました。

新型コロナウイルスの関連用語

コロナ禍以外の関連用語について紹介します。

新型コロナウイルスの関連用語|パンデミックとは?

パンデミック(pandemic)は、日本語で”感染爆発”と訳され、ウイルス等の感染が爆発的に広がっている状況を表します。新型コロナウイルスについては、WHO(世界保健機構)が2020年3月11日にパンデミック(世界的流行)であると表明をしました。ちなみに、新型コロナウイルスについて、初めて報道されたのは、2019年12月31日です。

新型コロナウイルスの関連用語|クラスターとは?

クラスター(cluster)とは、本来、”固まり・群れ”を表す単語ですが、新型コロナウイルス関連では、”集団感染”や、感染が発生した集団そのものを示します。

ちなみに、ネット用語での”クラスタ”は本来の意味の”固まり・群れ”に近い意味で、同じような趣向を持った集団という意味合いです。また、IT用語のクラスターは、複数のコンピューターを連携させ統合することを示します。マーケティングの世界でもクラスター分析という手法があります。

新型コロナウイルスの関連用語|ロックダウンとは?

ロックダウン(lockdown)とは本来、建物を封鎖し、内部の人間の安全確保することを示します。新型コロナウイルス関連では”都市封鎖”という意味で使われ、都市自体への外部からの出入りを禁じること、都市内の建物から出ないようにすることを示します。

ちなみに、日本においては現行の法律の影響でロックダウンを実施することができません。

新型コロナウイルス対策は、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて実施されていますが、この法律の第四十五条は、「感染の防止に必要な協力を要請することができる」と記載されているため、ロックダウンはできない状況です。法改正や特例措置がない限り、現行の法律に従う必要があります。

新型コロナウイルスの関連用語|オーバーシュートとは?

オーバーシュート(overshoot)とは本来、度を越すという意味の単語ですが、新型コロナウイルス関連では、”爆発的患者急増”を示しています。パンデミックに近い意味合いで使用されているとも言えます。

本来の意味からの拡大解釈の度合いがもっとも高い単語です。

金融業界においては、有価証券の価格の行き過ぎた変動を示す言葉です。

新型コロナウイルスの関連用語|ソーシャルディスタンスとは?

ソーシャルディスタンスとは、直訳すると”社会的距離”を示します。新型コロナウイルス関連では、”感染拡大を防ぐため、意図的に人と人との物理的距離を保つこと”を示しています。多くの人が集まる場所を避ける、他人との距離を十分にあけるなどの具体的行動を示します。

ちなみに社会学においては”特定の個人やグループを排除する”という意味もあります。

新型コロナウイルスの関連用語|終息と収束の違いは?

終息とは、”完全に絶える”ことを示し、収束は、”小さく収める”ことを示します。新型コロナウイルス関連では、収束は感染者が少なくなっていくことを示し、終息は完全に感染者がいなくなることを示します。つまり、収束の後に終息があるということです。

新型コロナウイルス関連のワード|まとめ

新型コロナウイルス(COVID-19)関連の報道では、カタカナ語が多く、わかりにくいかと思います。そもそもコロナウイルス自体は自然に存在しており、一般的な風邪の原因ともなるウイルスの一種です。今回の新型コロナウイルス(COVID-19)は、肺炎を引き起こす新型のウイルスで、旧来のコロナウイルスとは区別して考えるべきです。

世界において猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、一刻も早く”終息”することを願います。

タイトルとURLをコピーしました